潤いを求める大人の肌と無限に皮脂が出る思春期

潤いを求める大人の肌と無限に皮脂が出る思春期

突然顔の表面にぽつっと浮かび上がるニキビ。女性が美容を保つためにもニキビは大きな敵ですよね。

 

ニキビは主に皮脂の出すぎで毛穴が詰まり、そこでアクネ菌が繁殖することで発生する皮膚疾患です。ニキビにも10代のうちに発生する「思春期ニキビ」と成人後に発生する「大人ニキビ」に大別されます。それぞれニキビができる場所は異なります。思春期ニキビは額や頬に多く発生する一方、大人ニキビは顎やフェイスライン、口周りに多く表れます。そしてニキビが発生する原因も異なります。思春期の女の子の肌は皮脂でぎとぎとしていますよね。

 

脂取り紙を何枚使っても無限に皮脂が出てきてしまいますよね。そのありあまる皮脂が毛穴を塞いでしまい、その中でアクネ菌が皮脂を餌にして発生してしまいます。このため洗顔料を用いた日々のまめなケアで、余分な皮脂を取り除いてあげる必要があります。しかし、成人後の女性の肌は非常に不安定。毎月現れるホルモンバランスの崩れが顕著に肌に現れます。女性の体は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という二つのホルモンの分泌量が周期的に変動します。

 

これらのホルモン分泌量のバランスにより、「肌トラブルが少ない時期」「一気に肌荒れを起こす時期」など肌の調子に変動が起こってしまうのです。女性のライフサイクルを原因とするニキビに対しては、過度な皮脂ケアはかえって逆効果。皮脂を除去すればするほど、肌は「もっと脂を出さなきゃ!」と奮い立ってしまい、まったくの逆効果になります。成人ニキビに大事なのは、必要量の皮脂をしっかりと保ちながら、水分維持も保つこと。思春期の頃は「肌の乾燥」なんて気にしたことも無かったでしょう?

 

25歳を過ぎた頃の女性の肌は、それまでとは比べ物にならないくらい「潤い」を求めるようになります。洗顔後にはしっかりと高保湿化粧水を使い、時にはシートマスクでたっぷりと美容液成分をしみこませてあげる。贅沢と思えるくらいのスキンケアが、繰り返す大人ニキビには最適の対処法となるのです。
スキンケアにはちょっとお金をかけてもバチが当たりません。ニキビのないスベスベの肌を保つにはやはり、どろあわわのような質の良い洗顔石鹸が必要です。