イチゴ鼻を根本的に目立たなく改善させるコツ

イチゴ鼻を根本的に目立たなく改善させるコツ

小鼻の毛穴が黒くポツポツと目立つイチゴ鼻に悩んでいる人は多いと思います。汚れを取ろうと毛穴パックや角栓を取り除く器具を使用しても、一時的に汚れは取れるものの毛穴自体がかえって目立ってしまいます。イチゴ鼻を根本的に目立たなく改善させるには、汚れを取るだけではなく洗顔前後のちょっとしたコツがとても大切です。

 

まず、入浴前に蒸しタオルを用意します。これは、水に濡らしたタオルを固く絞り、電子レンジで1分ほど加熱すれば簡単に出来上がります。それをお風呂に入りながら鼻を中心とした顔にあてて3分ほど待ちます。こうすることで蒸気が顔の皮膚を柔らかくなり、毛穴が開いて中の汚れが取れやすくなります。サウナや岩盤浴に頻繁に行くことや、スチーマーなどの美顔器を使うことも効果的ですが、もし無ければ蒸しタオルでも十分に毛穴を開くことができます。

 

 

次に、自宅にあるオイルを用意します。この時のオイルとは、料理用のオリーブオイルやマッサージ用のアロマオイル、ハーバルオイル等何でも使うことができます。ポイントはオイルのテクスチャーが柔らかめで、肌をマッサージにしたときに負担がかからないものを選びます。オイル大さじ一杯位を手に取り、人肌に温めたあと、鼻に塗っていきます。ゴシゴシこするのではなく、指の腹を使ってくるくるとマッサージをするように塗ります。すると、毛穴からポロポロと角栓が取れ落ちるのを指で感じることができると思います。

 

 

ただし、この時も長時間するのではなく、3分位を目安にマッサージを終了させます。
そして、洗顔に入りますが、なるべく刺激の少ない石鹸系の洗顔料をもこもことホイップクリームのように泡立てて力を入れないようにマッサージをし、すすぎは念入りに行います。すすぎが終われば、冷水で肌をパッティングするように引き締めます。

 

 

スキンケアですが、毛穴の引き締め効果の高い化粧水を使用し、コットンでパッティングしていきます。ここで気をつけなければいけないのが、必ず保湿を忘れないということです。乾燥することで、皮膚は過剰な皮脂を出してしまうので、水溶性の化粧水で保湿をした後は、油分である乳液を使い肌をしっかりと保湿し守ってあげます。

 

 

この洗顔前後に少し手間をかけるだけでイチゴ鼻は劇的に改善します。パック等で汚れを取るよりも、丁寧な洗顔の習慣がイチゴ鼻には効果的です。