紫外線対策は物理的な面からも行うことが大事

紫外線対策は物理的な面からも行うことが大事

美白ケアは日々の積み重ねが大事です。また、改善と同時に予防も行わないと効率的とは言えません。

 

よく美白化粧水や美容液を駆使してケアを徹底的に行っている人がいますが、肌中でできてしまったメラニン色素を排出させても新たなメラニンの生成を抑えることができなければ透明感のある肌を作ることができません。もちろん化粧水を使ってメラニン色素の生成を抑えることもできますが、物理的な対策を講じなければ効果は限定的です。つまり、紫外線対策は物理的な面からも行うことが大事であり、日差しが直接当たらないように工夫をしなければなりません。

 

紫外線に当たらないように利用すべきグッズとして防止や日傘がありますが、カバーできる範囲を考えると日傘がとても便利です。日傘はさし方に工夫をすれば全身をすっぽりと隠すことができます。頭の先から気になる腕なども幅広く隠すことができますので、効率良く紫外線対策を行うことができます。

 

また、最近ではUVカット機能のある薄手の上着なども売られていますので、それらを活用することも大切です。
これらの対策を講じた上で化粧品を利用すれば、より効果的な美白ができます。美白化粧水ではメラニン色素の生成を抑える働きと肌中で既に生成されているメラニン色素を還元する働きの両方が必要です。肌の漂白剤と呼ばれているハイドロキノンにはこの両方の働きがありますが、肌に刺激を与えるものですので濃度の低いものであっても慎重に使用しなければなりません。

 

ただし、市販されている化粧水はそれほど高濃度ではありませんし、使い続けてもそれほど大きなリスクにはなりません。毎日のケアに取り入れれば、できてしまったシミを薄くするだけでなく透明感のある素肌がよみがえります。皮膚科で処方されているハイドロキノンは高濃度ですので市販品よりも更に大きな効果が期待できますが、刺激が強いので医師の指示に従って正しく使用することを心掛けなければなりません。

 

肌の強さに自信のない人は、同じようにメラニンの生成抑制と排出が行えるビタミンC誘導体の方が安心です。ビタミンC誘導体は肌につけた後の安定性に優れていますし、浸透力も良いといわれています。肌の弱い人が使っても比較的安全である反面、効果はやや小さくなります。

 

ただし、イオン導入のような美顔器を使えばより効果を高めることができますので、自宅でのケアであっても本格的な美白効果が望めます。
美白ケアを行いたいと思うなら、やはり美白作用のある化粧水を利用するべきです。最近では様々な種類の美白成分が配合されていますので、自分に合った商品を見つけることもそれほど大変ではありません。ただし、メラニンの生成抑制、あるいは排出のどちらかしか得られない成分もありますので、そのどちらも兼ね備えている商品を探すことが大切です。片方の働きしか得られない場合、期待する効果によっては複数を併用しなければならないケースもあります。